Lash Lift Photo Requirement

写真アングル例

モデルさんに真っ直ぐレンズを見てもらってください。

モデルさんの顔と頭が収まる程度で極力アップの写真を撮ってください。

アングル1: 正面(ビフォー)

モデルさんのフェイスラインが切れないようにご注意ください。

アングル2: 正面(アフター)

モデルさんのフェイスラインが切れないようにご注意ください。

モデルさんのフェイスラインが切れないようにご注意ください。

アングル3: 右側から撮ったアップ写真(アフター)

アングル4: 左側から撮ったアップ写真(アフター)

アングル5: 右側から撮ったアップ写真(アフター)

アングル6: 左側から撮ったアップ写真(アフター)

アングル7: 真っ直ぐな視線で右目のアップ(アフター)

アングル8: 真っ直ぐな視線で左目のアップ(アフター)

モデルさんの目は真っ直ぐの視線で。上や下を向かないようにご注意ください。

AFTER_Sideview.png

モデルさんのフェイスラインが切れないようにご注意ください。

モデルさんのフェイスラインが切れないようにご注意ください。

眉毛も写真に収めてください。

アングル9: 少し上向きで右目のアップ(正面(アフター)

アングル10: 少し上向きで左目のアップ(正面(アフター)

これはマツエクの写真ですがアングル説明の為使用しています。このような写真だと粘膜が全て見えないので上向きの写真を撮る際には粘膜が全て見えるように意識してください。

AFTER_Left-Side.png
LookingUp_LEFT (1).png

モデルさんのフェイスラインが切れないようにご注意ください。

この写真でカールのパーセンテージを審査します。リフトされていない自まつ毛が減点対象として数えられます。